2台(会社PCと自宅PC)で処理できないですか

ここでは 2 台の PC (職場と自宅など)でデータを共有して給与計算ソフトを使用する3つの方法をご紹介いたします。

当ソフトの仕様では、「1台のPCで1つの会社の処理」を行うことを想定しておりますので、複数台のPCでデータを共有して処理することは想定しておりません。複数台で同時にアクセスした場合、ソフトウェア自体が壊れる可能性がありますので、ここでご紹介するデータ共有の方法は、あくまで同時アクセスしないことを前提としてご理解ください。同時アクセスして障害が発生した場合、サポートの対象にはならないことをご了承ください。

①オンラインストレージ「OneDrive」で共有②USBメモリで共有

①オンラインストレージ「OneDrive」で共有

OneDrive は、写真やドキュメントをオンラインで保存し、相手を選んで共有し、Web ブラウザー、スマートフォン(Windows Phone iPhone)、デスクトップアプリからアクセスすることができます。
*無料で5GBまで、Office Premium 搭載 PCまたはoffice365ユーザは1TBまで利用可能です。

同じように無料で使えるオンラインストレージはDropboxなど様々なものがありますが、FIRSTITPROのソフトウェアはWindows EXCELで作成されていることもあり、相性も良く信頼性も高いMicrosoftのOneDriveを使用してソフトウェアを共有する方法をご紹介します。

OneDrive をセットアップする

OneDrive は Windows 10 と Windows 8.1 に組み込まれていますのでインストールの必要はありません。
確認できない場合は以下のリンクからダウンロードしてインストールすることが可能です。これにより PC に OneDrive フォルダーが作成され、OneDrive との同期が保たれます。

OneDriveの確認

1台目PCのOneDriveフォルダにソフトをセットアップする

ソフトのセットアップは、メインとなる1台のパソコンで行います。
2台目のPCでは、OneDriveフォルダにセットアップされたモジュールのショートカットを作り、共有することになります(セットアップはしません)
※ここで、一つ条件があります。それは、2台のパソコンのEXCELのバージョンが同じであること。

セットアップボタンをクリックし、セットアップを開始します。

給与計算DXセットアップ

[インストール先の選択]画面で[参照]をクリック

インストール先の選択

OneDriveフォルダを選択して[OK]をクリック

OneDriveフォルダを選択

[インストール先フォルダ]にOneDriveフォルダが代入されていることを確認して[次へ]をクリック

インストール先フォルダの確認

セットアップ情報を確認して、[インストール]をクリックしセットアップを完了してください。

セットアップ情報を確認

2台目PCにソフトをセットアップする

セットアップする前に「OneDrive をセットアップする」を参照して、2台目のPCにもOneDriveフォルダが存在している状態を確認してください。。2台目のPCでは、OneDriveフォルダにセットアップされたモジュールのショートカットを作り、共有する ことになります(セットアップはしません)

給与計算DX ショートカットの作成
エクスプローラで給与計算DXがインストールされたOneDriveフォルダ(1台目のPCでインストールされたものが同期されている)を開きます。

OneDriveフォルダを開く

「PayCalcDX.exe」を右クリックして表示されたショートメニューから [送る(N)]-[ディスクトップ(ショートカットを作成)]をクリック。

ディスクトップ(ショートカットを作成)

ディスクトップにショートカットが出来るので、名前を1台目PCと同名「給与計算DX20XX」に変更してください。

ショートカット1⇒ショートカット2

これで2台目のPCでも、このショートカットアイコンをクリックすることでOneDriveフォルダにある給与計算DXが起動することになります。

これで 2 台の PC で同じ給与計算ソフトを共有して使うことが出来るようになりますが、給与計算ソフトには個人情報や賃金情報などの重要な情報が書き込まれていますので、バックアップとセキュリティ管理はお客様の責任でしっかりと行ってください。

②USBメモリで共有

▼準備するもの
USB メモリ(セキュリティ機能付きのものを奨励)

USB メモリを PC に挿入して、マイコンピュータを開くと下のように [USB メモリー ] が追加されます。 この USB メモリに給与計算ソフトをインストールして 2 台の PC で共有する方法のご紹介です。

USBドライブ

1台目PCへセットアップ

まず、1台目の PC に USB メモリをセットして、通常にセットアップを開始します。

給与計算DXセットアップ

[インストール先の選択]画面で[参照]をクリック

インストール先の選択

USBドライブを選択して[OK]をクリック

USBドライブの選択

[インストール先フォルダ]にUSBドライブが代入されていることを確認して[次へ]をクリック

インストール先フォルダの確認

セットアップ情報を確認して、[インストール]をクリックしセットアップを完了してください。

セットアップ情報を確認

2台目PCにソフトをセットアップする

2台目のPCでは、USBメモリにセットアップされたモジュールのショートカットを作り、共有する ことになります(セットアップはしません)

給与計算DX ショートカットの作成
1台目の PC でセットアップした USB メモリを2台目の PC に挿入して、エクスプローラーを開きます。この例では2台目の PC では Kドライブが USBドライブとして認識されています。 USBドライブのセットアップ先を選択すると右側のウインドウにファイルが一覧表示されます。

「PayCalcDX.exe」を右クリックして表示されたショートメニューから [送る(N)]-[ディスクトップ(ショートカットを作成)]をクリック。

ディスクトップにショートカットが出来るので、名前を1台目PCと同名「給与計算DX20XX」に変更してください。

ショートカット1⇒ショートカット2

ディスクトップのショートカットをダブルクリックしてソフトが起動することを確認してください。
次回からは、① USB メモリをセット ⇒ ②ショートカットをダブルクリック で起動します。

これで 2 台の PC で同じ給与計算ソフトを共有して使うことが出来るようになりますが、給与計算ソフトには個人情報や賃金情報などの重要な情報が書き込まれていますので、紛失したり盗難にあったりした場合の対策でバックアップとセキュリティ管理はお客様の責任でしっかりと行ってください。