ソフトウェアのご購入
← 実務解説トップへ

標準賞与額を申告する

実務の解説

給与計算実務の解説賞与を支払うごとに、賞与額の 1,000 円未満を切り捨てた額(標準賞与額)を従業員ごとに申告します。
同じ月に 2 回以上の賞与を支払った場合は、合算した標準賞与額を申告してください。また、賞与が支払われなかった従業員についても、標準賞与額を未記入で申告する必要があります。
なお、1 年に 4 回以上の賞与を支払う場合は、従業員に支払うすべての賞与は給与とみなされるため、標準賞与額の申告は必要ありません。また、給与とみなされる賞与については、賞与額の合計金額を 12 等分し、各月の給与に配分した上で標準報酬月額を決定する必要があります。

提出期限

支給日から 5 日以内
※ 提出期限が土日祝日の場合は、土日祝日明けまで

提出先

社会保険事務所または健康保険組合

提出書類

・健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届
・健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届 総括表

「健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届」の控えとして「被保険者標準賞与額決定通知書」が返却されます。
また、翌月中旬に社会保険事務所または健康保険組合から、社会保険料を口座振替により受領する旨が記載された「保険料納入告知額
・領収済額通知書」が送付されます。

戻る

▲このページの先頭へ