ソフトウェアのご購入

Office更新プログラム適用による不具合について

平素はFIRSTITPRO製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

現在、EXCEL2016およびoffice365でEXCELをご利用のユーザ様において、発生しております不具合に関して、Microsoft社のOffice更新プログラムの適用が原因であることが判明いたしましたので、ご報告申し上げます。

【障害の内容】

EXCEL2016およびoffice365でEXCELをご利用のユーザ様において、最新のOffice更新プログラムを適用した場合、これまで動作していた弊社製品が以下のような現象で起動しなくなるエラーが発生しております。(office更新プログラムの自動更新により発生)

「PayCalcDX.xlsmの一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?」
[はい]で回復しても「削除されたパーツ: /xl/vbaProject.bin パーツ (Visual Basic for Applications (VBA))」
「全てのマクロが削除された可能性があります。」などが表示され起動しない。

【対処方法】

今後のOffice更新プログラムで問題が解消される予定ですが、現時点でエラーとなっている場合は、この更新プログラムが適用された状態になっております。この状態を回復するためには、障害が発生しているOffice更新プログラムを障害が発生していない状態に復帰する必要があります。以下の手順で復帰し、今後のOffice更新プログラムの適用を停止させてください。

1.更新プログラムの復帰

1)まずすべてのOfficeソフトを終了させてください。
2)以下のファイル[rever.zip]をダウンロードしてください。
    rever.zip (クリックしてダウンロード)
3)ダウンロードした[rever.zip]を開き[rever.bat]をデスクトップにコピーしてください。
4)[rever.bat]をダブルクリックして実行します(管理者として実行)
5)Office更新プログラムが起動しますので、終了まで待ってください。 (10分程度)
6)[給与計算DX2017]または[タイムカード計算]を起動して確認ください。

2.Office更新プログラムの適用を停止

1)EXCELを単体で起動してください。
2)メニューバーから[ファイル]-[アカウント]を選択
3)[Office更新プログラム]の[更新オプション]をクリック
4)[更新を無効にする]を選択
「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」が表示された場合は[はい]を応答

以上で、問題のある更新プログラムが再度更新されることはありませんが、一定期間(一か月程度)を経過したら、更新を有効に変更してください。 

FIRSTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ