ソフトウェアのご購入

2015.3.1 機能改善版のバージョンアップ内容

平素はFIRSTITPRO製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、「給与計算DX2015」「タイムカード計算v4.0」がバージョンアップいたしました。 このバージョンアップは潜在的なと不具合を改善するためにリリースしたバージョンになります。ケースに該当しない場合は特にバージョンアップの必要は御座いませんので、内容を判断していただき、必要であればバージョンアップしてください。

※WindowsXPおよびEXCEL2003では稼働しませんのでご注意ください。

機能改善に関する修正点は以下の通りです。

給与計算DX2015 for EXCEL 【R8.02】

1.支給・控除項目にマイナス値を入力すると項目名が非表示となる問題

[支給・控除設定]にて「金額が0円の支給・・項目名を印字しない」にチェックしている状態で当該項目にマイナス値を入力すると、給与支給明細などに項目名が表示されない問題を改善しました。

2.[従業員登録]で退職日に昨年の日付が入力できない問題

[従業員登録]で退職日に昨年の日付が入力できない問題を改善しました。(12月退職で支給日が翌年1月になるケースで発生)

3.[封筒印刷]で部門名:「未設定」の従業員の部門名が印刷される問題

[封筒印刷]で部門名:「未設定」の従業員の部門名が印刷されないよう改善しました。

4.「退職者を消去して順番を詰める」を選択した場合、従業員情報と給与データに不整合が発生する問題

[データ初期化設定]で給与計算データが存在する状態で「前年データ取込」で「退職者を消去して順番を詰める」を選択した場合、従業員情報と給与データに不整合が発生する問題について、「前年データ取込」を選択しているにもかかわらず、給与データが存在している場合はエラーメッセージを表示するよう改善しました。

5.「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」のプレビューに関する問題

[法定調書の印刷]で「全て印刷」をチェックして「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」をプレビューするとプレレビューされず印刷されてしまう問題を改善しました。

6.[年末調整計算]の「源泉徴収票:提出する」のチェックに関する問題

[年末調整計算]の「源泉徴収票:提出する」のチェックが、給与支 払報告書(総括表)と給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表の 2つの表の印刷条件となっており不整合が起こる問題について、「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の「源泉徴収票を 提出するもの」に対するチェックに限定するよう改善しました。

※上記の5、6は昨年(平成26年)の年末調整機能のため本年の給与計算処理では仕様致しませんが、本年末の年末調整機能の改善に向けての改善の前倒しで対応しました。

タイムカード計算V4.0 for EXCEL【R4.01】

1.[給与計算へ転記]で給与計算DXの初期画面が全面に表示される問題

[給与計算へ転記]にて「転記」ボタンをクリックすると給与計算DXの初期画面が全面に表示される問題を改善しました。(当現象はEXCEL2013以降のバージョンで発生します。)

FIRSTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ