ソフトウェアのご購入

2012.04.01 給与計算DX2012 機能バージョンアップ


平素はFIRSTITPRO製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、「給与計算DX2012」の機能をバージョンアップいたしました。 このバージョンアップは、実際にご利用頂いているユーザ様の声に対応するべく、多くのユーザ様からご要望のあった機能についてバージョンアップをいたしました。既存ユーザ様であれば、「ユーザ専用サポート」ページより、この【新しい、給与計算DX2012 for EXCEL】を無料でダウンロードしてご利用頂けます。

機能バージョンアップの内容は以下の通りです。

■機能拡張

【1.操作マニュアルの呼び出し機能】

 メニュー画面から、操作マニュアルを呼び出せるようになりました。

  メニュー

【2.支給・控除項目のプリント制御機能】

[支給・控除設定]において、設定した支給項目・控除項目に関して、[給与・賞与計算]においてこの項目の金額が発生していない場合は、支払明細書に項目名を印字しないようにコントロールできるようになりました。

  支給控除設定

【3.従業員登録の項目追加】

新機能の追加により、[従業員登録]画面が変更になりました。

① 日給単価(日給者の場合入力)
  日雇労働者など、日給計算の従業員を処理する機能として項目追加となりました。
  日給単価が設定してある従業員は、[給与・賞与計算]で「出勤日数」×「日給単価」の計算値を基本給に自動計算して代入することが
  出来る様になります。

② 住民税
  「1~5月」・「6月」・「7月」・「8~12月」の4分割で設定していた住民税欄が「1~5月」・「6月」・「7~12月」の3分割に
  変更されました。

③ 法定内残業単価
  残業単価に「法定内残業単価」が追加になりました。
  これまでの残業単価はどれも割増賃金の計算をするための単価でしたが、法定内残業単価(割増無し)を登録できるようになりました。

 従業員登録

 ④ その他の改善
  ・「勤務の状況」に【昨年から継続勤務】以外を選択した場合、「中途就職退職」の年には[支給日登録]で設定されている年(西暦)が
   和暦変換された値が自動的に代入されるようになりました。
  ・「中途就職退職」を入力して「更新」した場合、[年末調整計算]の中途就職退職日にも値が自動的に反映されるようになりました。

【4.給与計算処理の計算機能の追加と改善】

[給与・賞与計算]における[給与計算処理]画面において計算機能の追加/新項目の追加/計算機能の改善を行いました。

① 日給計算ボタンの追加
  勤怠欄の出勤日数の横に「日給計算」ボタンが追加されました。
  [従業員登録]で日給単価が設定されていて、当画面で出勤日数が入力されていた場合、「日給単価×出勤日数」の計算値を
  「基本給」に代入します。

② 「労働時間」項目の追加
  項目「労働時間」が追加されました。入力は「160時間30分」の場合、「160.3」と入力する仕様です。
  当項目は、「タイムカード計算 for EXCEL」から自動転記される項目に追加されました。

 aa

③ 「法定内残業時間」項目の追加と入力方式の変更および時間外手当計算ボタンの移設
  [従業員登録]の法定内残業単価の追加に伴い、「法定内残業時間(割増なし)」が追加になりました。
  入力方式も従来の「30分=0.5」方式から「30分=0.3」方式に変更になっていますので注意してください。
  ※旧バージョンからの移行の際は、自動的に入力形式が変換されます。
  また、従来は下方に配置されていた「時間外手当計算」ボタンが、残業時間入力項目の直下に移設されました。

     

【5.数値項目の入力値制御機能を追加】

[従業員登録]や[給与・賞与計算]において、数値項目に数値以外の文字が入力されたり、小数点入力不可の数値項目に小数点が入力
された場合、入力した値を無効(自動消去)する機能を追加しました。

【6.現金支給金種表の2000円札集計制御】

[関連帳票印刷]の「現金支給金種表」において2000円札を含めるか、含めないかを選択できるようにしました。

  金種表

【7.関係帳票のレイアウト変更】

項目追加により、関連する帳票のレイアウトを変更しました。
  1) 給与支払明細書 2)賞与支払明細書 3)賃金台帳(従業員別・支給月別) ※EXCEL出力も含む

 

■不具合改善

【所定出勤日数の代入機能】

 [支給日登録]で登録されている該当月の「所定出勤日数」を[給与・賞与計算]の[給与計算処理]時に所定出勤日数に代入してくる
 機能において、常に1月の所定出勤日数が代入されてしまう不具合を改善しました。

FIRSTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ