'; ?> 平成21年 年末調整機能搭載版のバージョンアップ内容
ソフトウェアのご購入

2009.11.10 平成21年 年末調整機能搭載版のバージョンアップ内容


平素はFIRSTITPRO製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

この度の、バージョンアップで本年(平成21年)年末調整計算に対応することが 可能になります。更に、これまでの細かい機能改善や不具合なども解消した最新バージョンになります。 本年の年末調整機能および機能改善に関する修正点は以下の通りです。

■平成21年 年末調整機能

【1.年齢判断機能の修正】

 1) 年齢70歳以上の人の判定(老人控除対象配偶者・老人扶養親族 等)
 2) 年齢65歳以上の人の判定(特別障害者 等)
 3) 年齢16歳以上23歳未満の人の判定(特定扶養親族 等)

【2.年末調整用 従業員情報設定】

 1) 本人情報タブの[年調情報]に[(特定増改築等)住宅借入金特別控除]に係わる項目を追加
 2) 本人情報タブの[転職情報]に[前社住所]の項目を追加

 

【3.源泉徴収票の修正】

 1) 住宅借入金等特別税額控制度の創設に伴い、摘要欄に「居住開始年月日」、「住宅借入金等特別控除可能額の金額」等の記載に
    関する変更
 2) 年の途中で就職した者の摘要欄の記載レイアウトを変更

 

【4.源泉徴収簿の修正】

 1) (特定増改築等)住宅借入金特別控除額の見出し文字変更
 2) 計算ロジックの変更

 

【5.給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表の修正】
 
  1)最新レイアウトに変更

 

※修正に関しては、国税庁が発行している以下の資料に準拠しました。

 「平成21年分 給与所得の源泉徴収等の法定調書の作成と提出の手引」(PDF)
 「平成21年分 年末調整のしかた」(PDF)

 

■既存機能の改善

【1.健康保険・厚生年金保険 標準報酬月額保険料額表の率の入力方式変更】

  1)一般料率および非保険者負担分の率の入力方式をこれまでの1000分のXXX.XXから%値入力に変更
  2)厚生年金30等級以上の上限金額の設定を変更

 

【2.支給月分給与台帳の文字サイズ変更】

 1)小さく見づらかった文字サイズを、可能な限り大きく変更しました。

【3.セットアップモジュールの変更】

1)EXCELのバージョン別にセットアップを用意。これによりEXCEL2007で互換モードではなく通常のモードでご使用になれます。
2)セットアップ先のフォルダをCドライブに変更。
3)セットアップ方法/バージョンアップ方法の動画を新設
4)ユーザ会員登録へのリンクボタン新設

 

【4.その他、既存の不具合の解消】

 実処理上は影響を与えませんが、小さな不具合などを改善致しました。

FIRSTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ