経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

不況なんて関係ねぇ!ゴールを奪う4つのアシスト

今回は、自己啓発的なお話をしようかと思います。

▼まずは、人間の脳のお話

近年、「100年に一度の大不況」などと言われて、実際に日本の景気も、 後退して、今やデフレのスパイラルに陥って、なかなか抜け出せずにいますよね。もしかしたら、あなたも・・・この不況の犠牲者でしょうか?

ちょっと、質問しますね。

「不況だと、売上を上げるのは困難ですか?」
「不況だと、就職すること難しいですか?」

この質問には、ほとんどの方が「YES」と答えます。

もう一つ質問しますね。

「では、不況でなければ売上は上がり、就職も出来るようになりますか」

ところが、この質問には「NO」と答えてる人が多いんです。

これはどういうことでしょう?

それは、あなたが「積極的に”不況”に参加しているだけだから」です。

ノーベル賞を受賞した神経学者のジェラルド・エデルマン博士によると、人の記憶と言うのは、それを思い出す瞬間に毎回、再構築されるそうです。「思い出す」と言う行為は、その瞬間に新たな現実を創り出すことと変わらないと言っているんです。

ですから、”不況”という言葉を繰り返し聞くと、「今は不況なんだ」と記憶神経が太くなって、何をするにも、この不況神経を経由して、記憶が再構築されてしまうという現象が起こるらしいです。

▼だから、ネガティブな環境に自分を置いてはいけない

不況だとか、売上が上がらないとか、仕事が無いだとか、そういう言葉をいつも使う人の周りにいると、勝手に脳が言葉に反応して「不況なんだ」と認識してしまうんですね。

だから、こういう言葉は極力、聞かない、逆に「俺のとこは景気良いよ」とか「今がチャンスだ」とか「今年は最高の年だぞ」とかいう声が溢れる環境に自分を置くと、冒頭でした質問の答えが変わってきます。

「不況だと、売上を上げるのは困難ですか?」

今が不況なんだったら、みんなのところは全然大丈夫だから、売上上げるのも難しくなんかないだろ。だから「NO」

「不況だと、就職すること難しいですか?」

就職?俺の周りでは、みんな、人不足でいつも求人してるよ。だから「NO」

このように、ほとんどの方が「NO」と答えます。

「では、不況でなければ売上は上がり、就職も出来るようになりますか」

今でも売上上がってるのに、今が不況だとして、これが不況じゃなくなっ たら、もっともっとお客さんが増えるということだからな。

「YES」だ。

不思議ですよね。全てが反転してしまうんです。だから、こういう環境に自分を持っていくことが大切なんです。

実は、わたしもこれは意識的に実践してます。だからか分かりませんが、現在は、全然、不況なんて感じません。

でも、コンサルをしていると、良くない話も聞きます。話をされると、「そうですよねぇ。みんな大変ですよねぇ」って言ってます。(笑)

▼ということは、自分でコントロールすることが出来るってこと

感じ方が変われば、人は同じ状況でも、180度、正反対の考え方を持つことが可能だということですよね。脳というのは自分に従順だし、結構、単純らしいです。

だから、良く自己啓発本にありますよね。「目標を紙に書き出して、常に見える場所に!」なんてやつがそうです。

「そんなので、目標が取れて成功出来ればみんな成功するよ」

みんな、心の底では、こう言う風に思ってます。わたしも「そう思う」(笑)

だけど、結果は後にして、”目標を意識するための方法”として捉えれば 決して悪い方法ではないです。あなたは昔、受験生だった頃、机の前の壁に「○○合格」とか「必勝!」 とか書いて、深夜ラジオを聞きながら勉強した経験ありませんか?不思議と、合格したり、合格はしなくても、学校へは入れたりしてるはずです。それと一緒。

だから、結果が手元に無い場合は、得たい結果を目標にして、それを目指すことと、自分の環境を、あなたが得たい結果を既に持っている人の環境に近づけること。この2点を、脳に認識させることで、自分自身をコントロール出来るようになるということですね。

▼わたしの失敗談

こういうことなので、目標(得たい結果)は大きい方が良いだろうと、「今年中に5000万の所得を得る」なんて目標を昔、立てたことがありました。この目標は、叶いませんでした。

そもそも、当時、年収800万位だった、わたしのまわりには、年収5000万の世界を持っている知り合いがいなかったということと、年内という期限と5000万という金額を毎日見ていると、逆に「無理だ」という風に思ってしまうんです。

▼夢と目標は違う

その時から、自分が勝手に納得していることが、「夢と目標はちがう」ということ。

正確に言うと、「夢≧目標」だということです。目標は、現時点で実現可能であることが前提でなくては、なかなか取れないんです。

そして、この目標が「夢」に向かっていれば、これは最高の状態でしょう。だから、目標とは達成しなければ目標ではない。

すなわち、達成する目標というのは、以下の事が明確になっていなければダメだということです。

1.結果が具体的であること
2.手段が決まっていること
3.期日が決まっていること
4.達成度を測定出来る指標があること

この4つです。

この4つが明確であり、1日1日を目標達成というゴールに向かっていくことが出来れば、必ず、目標は取れるんです。ゴールに向かって、一歩でも近づくために、今日出来ることは何なのか、どんなに小さなことでも良いんです。小さな小さなことでも構わないから、行動する。行動できることを考える。

いつの間にか、「不況」なんて言葉は、吹き飛んでしまいます。

FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ