経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

全ての人を100%満足させられる商品なんて無い

これは、経営者としてビジネスマンとして起業家として、心に刻んでおかなければならないことです。

特に、我々のように小さな組織や会社が商品やサービスを扱う場合は、忘れてはいけません。

▼これを忘れて、みなさんマスターベーションしちゃうんです

クライアントさんのところで、商品開発の話や、商品企画の会議で、よくあることなんですが、みなさん、マスターベーションしちゃうんです。そう、完璧な商品やサービスを追求してしまうんです。それも全ての人を満足させるべく。

ここでいう”全ての人”というのは、ターゲッティングしたお客様のことですので、誤解の無い様に言っておきます。

例えば、給与計算ソフトの販売であれば、「50人以下の会社」ということになるのですが、これは処理能力であって、実際には「20人位までの会社」というのが給与計算ソフトのターゲットです。

これらの会社の社長さん、事務担当者さんが、ここで言っている”全ての人”ということ。たぶん、日本全国には、いろんな業種、いろんな会社、いろんな価値観を持ったこれらの会社の社長さん、事務担当者さんがいますよね。

ある、社長さんは、今のソフトには満足せず、昇給のシミュレーションやら、人件費の分析機能なんてのを欲しているかもしれない。ある事務員さんは、手書きの給与計算を電卓を相手に計算して、毎月、残業して給与計算しているかもしれない。こういうことって、どんな商品やサービスに置き換えても、想像できますよね。

▼そして、全てにおいて完璧な商品やサービスを目指してしまうと

商品開発や企画の場でも、様々な意見が出て、全てにおいて完璧な商品やサービスを目指してしまうんです。そう、全てを網羅する商品やサービスが良いと勘違いするんです。

給与計算ソフトの例でいえば、昇給シミュレーションや人件費分析機能などが搭載されたソフト。

これならば、手書きの給与計算をソフトで効率化することも出来るし、現状のソフトに満足していない社長も満足させられるという風に考えるんですね。ですが、果たして20人位の会社にこの機能が必要でしょうか?

今まで手書きで苦労していた事務員さんが、突然こんな機能の搭載されたソフトを使えるでしょうか?使えないですよね。だから、初心者向けにガイド機能を充実させようなんてことになるんです。そうすると、今度は多機能を望んでいたパワーユーザ達は、ガイド機能が邪魔になる。

▼こんな風にして・・・・

全ての人を100%満足させる商品を作った結果、誰の満足も得られない商品が生まれてしまう。つまり、全ての人を100%満足させる商品というのは、実は、全ての人が70点や80点を付ける商品になってしまうんです。

これが、マスターベーションってこと。

大切なのは、『一部の人が120点を付ける商品やサービスを生みだすこと』この一言につきると、わたしは思っています。

▼では、こういう商品はどうやって創造するのか

それには、ここで言う”一部の人”というのがキーになります。

この”一部の人”に「これは良い!これ絶対に欲しい!」と言わせる商品やサービスを提供することです。

なににフォーカスすれば良いのかというと・・・

・120%満足する人はどこの、だれなのか?
・なぜ、その商品で120%満足するのか?
・130%、140%満足させるにはどうすればよいか?

こういう視点を持つべきなんです。

すると、本当の意味のターゲッティングが出来る。誰に、何を、どのように伝えるのかが、明確になってくるんです。当然、マーケティング展開も集中的に行えるようになる。そして、こういう商品やサービスは、間違いなくヒットします。

ですから「全ての人を100%満足させられる商品なんて無い」のです。

『一部の人が120点を付ける商品やサービス』を提供する視点が重要なのです。

FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ