経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

マーケティングは「うまいか?」「まずいか?」知ってから食え!

「マーケティングに”うまい”とか”まずい”ってどういうことよ?」このタイトルだけだと、どうもピンとこないですかね。(笑)

今回、お伝えするのは、このマーケティングの「味」ということについてなんです。

例えば、あなたが、食品スーパーに行ったとします。

「今夜は麺物が食べたいなぁ」と思い、スーパーの中を歩いていると、うまそうなラーメンのパッケージが並んでました。値段は380円。これを買っていこうかと思っていたところ、少し先で、おばちゃんが「うまい、うどんだよ!」って試食品を作ってます。値段は480円。

「あー、うどんもいいなぁ。ちょっと高いけど・・」

そして、試食したら、これがうまい。

結果、買い物かごの中には、480円の試食して、うまかった”うどん”が入ることになる。

▼『試食をしたら、480円のうどんを購入した』これはなぜでしょう?

なにも、試食の話をしたいわけではありません。ですから、試食や試供品に関するマーケティングテクニックの、お話は、また別の機会にしようと思いますが、この理由はこういうことなんです。

『リスクが無くなった』

試食が、無かった場合を考えれば、明らかです。

・うまそうな380円のラーメン
・うまそうな480円のうどん

「うまそう」というのはパッケージやPOPのキャッチなどから感じるものなんですが、買い手からしてみれば次の2つのリスクがあります。

1.実際に美味しいかどうか分からない
2.購入すると、財布の中のお金が減る

普通ならば、このリスクを最小限にするために、ほとんど無意識に「うまそうな380円のラーメン」を選択するんです。ですが、実際に家に帰って、食べてみたら美味しくなかったなんて経験、ありますよね。

試食した、今回のケースではどうかというと、

「1.実際に美味しいかどうか分からない」というリスクは、試食をして美味しいと判断したわけですから、完全に無くなります。

そして、「2.購入すると、財布の中のお金が減る」というリスクは、対価を払うという意識になるので、リスクではなくなるんですね。

▼ここで注目するのは、100円高額なうどんを買ったこと

いくら試食をしたからと言っても、この”うどん”は100円高いですよね。

ですが、金銭的な問題で買えない方や、うどん自体が気分で無かったりした場合以外は、ほとんどの人が、100円高い”うどん”を買います。

そうなんです。

100円高いというリスクを取ってでも、”うどん”を買う。

これは、この金額を払っても美味しいうどんを食べることが出来ると分かっているから。そこに、価値があると分かっているからなんですね。

▼実は、マーケティングもこのようにしてリスクを減らすんです

今回の、お話は試食のマーケティングテクニックの話では無いと言いましたが、それはこういうことです。

『マーケティングを行う上での試食とは、テストのことである』

マーケティングのリスクを、同じように考えてみましょう。

・実際に売れるかどうか分からない
・マーケティングには費用が掛る

どうですか?。スーパーで試食の無い麺物を購入する時のリスクと同じ様なもんですよね(笑)マーケティング展開する上での試食にあたる物は、『テスト』なんです。 この『テスト』をせずに、思いと勘でマーケティングに費用をかけてしまう方は非常に多いんです。

これでは、実際に食ってみなければ分からないというのと同じですよね。

▼では、どのようにして『テスト』すればいいのでしょうか?

『クイック・ウィン』(Quick Win)という言葉をきいたことがあるでしょうか?これは、「すぐに出せる成果」と言うことなんですが、マーケティングにおける、試食は、この『クイック・ウィン』を意識して『テスト』をすることが重要です。

マーケティング戦略の中では、多くの様々なアイデアが湧き上がってくる のが普通です。まさに”ラーメン”や”うどん”のように。そのアイデアの中から、直ぐに簡単に実現できそうで、インパクトのありそうなアイデアを『テストケース』に選ぶんです。

そして、『テスト』をする。

この時の、重要な3つのポイントをお伝えしておきますね。

・出来る限り、最高のメンバーで取り組む
・期待する目標値を明確にする
・テストの実行プランを必ず立てる

この3つです。これで、成功(『クイック・ウィン』)すれば、「試食したうどんは美味かった」というのと同じことになりますよね。自信を持って、100円高いうどんを買うことが出来る。(笑)自信を持って、このアイデアを採用して、マーケティング展開することができるんです。そう、『リスクが無くなる』から。

逆に、成功しなかったら、食べないでください(笑)

最高のメンバーで取り組む意味はここにあります。最高のメンバーをもってしても、成功しなかったアイデアは、マーケティング展開しても、うまくいかないのは必至ですよね。

『マーケティングは「うまいか?」「まずいか?」知ってから食え!』

この意味。分かって頂けたでしょうか。

FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ