経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

『何を売るか』と悩んでいる限り、何も売れない

「何を売るか」ではないんですよ。『誰に売るか』です。これは【重要】ですよ。『誰に売るか』。どうしても、売り手というのは、最初に商材ありきの発想になるんですよね。「何を売るか」「何が売れるか」というのにフォーカスしちゃうんです。 この考え方から入ってしまうと、重要なものが置き去りになってしまうんです。

▼重要なものって何だと思います?

それはね。

『マーケット(市場)』と『自分のノウハウ(強み)』です。

どういうことかというと、簡単で単純なことです。最終的に、商品やサービスにお金を払って購入するのは、お客様なんですよ。

いわゆる、『誰』にあたる部分です。

あなたの”ドメイン”というお話を前回のメルマガでしましたが、このドメインにしても、始まりは『誰の』から始まります。『誰の』・『どんな要求を』・『どのように満足させるか』です。「何を売るか」なんて発想は、この中にも出てこないんですよ。なぜかというと商材とは、手段なんです。目的は収入を得ることですよね。

ですから、手段を先に考えてしまうと、そこから、目的を得ようとしてしまうんです。ということは、目的である「収入を得ること」が手段によって抑制されることになってしまうんです。

結果として、「どんな商品が儲かるか」ということにフォーカスしている以上、「どんなマーケット(市場)が儲かるか」という発想にはならないというか、見えなくなってしまうんです。

そして、その「儲かるマーケット(市場)」であなたのノウハウ(強み)を生かせるのか生かせないのかも、見えないままに、「儲かるかどうかわからないマーケット」に商材を投入することになります。

▼だから、「何が売れるか」と考えている以上、結果は散々なものになる

お気づきかと思いますが、順番というのがあるということですね。カッコよく言うとステップがあるということです。

まず、『誰に売るか』。これから、入るのが正解。

『何を売るか』というのは、その次。そう、次のステップなんですね。『何を売るか』を先に考えてしまうと、それを買いそうなお客さんを探すというステップが次のステップになってしまうんです。

この時点で、多分、商材は揃えてしまっているでしょう。仕入れやら店舗やら、人やらに、既に、資金を投入してしまっている。

そして、この商材を買いそうなお客さんが、いなかったら・・・・

結果は散々なものになりますよね。

▼何度も言いますが、『誰に何を売る』と『何を誰に売る』の違いです。

『ネットde経営塾』が開塾したときスタートの段階で、モニター塾生さんと色々な話をさせていただきました。そんな中でも、殆どの方は『何を売ろうか』と悩んでいるんですよ。

「輸出入がネット向きだというので、着物とか扇子を売ろうと思うんですけど、どうですかね?」

こんな質問されます。

「誰に売ろうとしてるの?アメリカ人?インド人?中国人?」
「どのくらい売れそうなんですか?」

こうやって、聞き返すと、

「それを、お聞きしたいんですよ」

となるわけです(笑)

その商材のマーケット(市場)が何なのか、全く分かっていないのに売るものは、ただ漠然と思いつきや、感覚だけで見出してしまっているんですね。商材が先に、あったとしても、まず『誰に売るのか』『どのように満足させるのか』を見いだせない限り、ビジネスでの成功はありません。

あなたは、『誰に売るのですか?』『そのマーケットは儲かりますか』

それでは、『何を売りましょうか』

FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ