経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

『特別資料公開』マーケティングを導く5つの質問

商品を販売するに当たって、重要な”5つの質問”と言うのがあります。

【5つの質問】

■今まで、商品を買ってくれたお客さんは、なぜあなた(会社)から買ったのか?

■この商品を「是非、購入したい!」と思うお客さんはどんな客か?

■お客さんは、何を悩み、何を不安に思い、何を不便だと感じるのか?

■この商品は、お客さんの悩みを解消出来るのか?どうして?

■商品やサービスの特徴を明確に表現すると?(2つ~3つでまとめる)

この答えを基に、マーケティングを展開していくと、ほぼ間違いなく、その商品は売れます。といっても、具体的にどの様に、どれくらい深く回答するのか?

イメージを掴めない方が多くいらっしゃいますので、今回はFIRSTITPROで実際に「給与計算ソフト」を販売するに当たって検討した結果のメモ資料を特別に公開します。

あなたの会社で、考える場合の参考資料としてお役立て下さい。

(以下から資料です)↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Q1.
今まで商品を買ってくれたお客さんは、なぜ自分の会社から買ったのか?
………………………………………………………………………………………
A1.
・WEBサイトのセールスレターやビデオを見て、「これなら使えそうだと」判断した。
・2,500社以上が購入している実績を見て、大丈夫だろうと判断した。
・他の会社のものよりも、安いし、サポートも無料だということで判断した。
・知り合いが良いというので購入した。

 

Q2.
この商品を「是非、購入したい!」と思うお客さんはどんな客か?
……………………………………………………………………………………
A2
5名~20名程度の小さな会社や個人商店で、忙しい中、社業の他に社長自信または奥さんが給与計算をして、毎月作業が面倒だと感じている。

コンピュータ計算にしたいが、今までの日本法令の複写式の手書き明細で慣れてしまっていて、これからソフトを覚えるのも不安。かといって、今のご時世で手書きの給料明細では、如何なものかと、家電ショップのパソコンコーナーにある給与計算ソフトを見て、「うーん、X万円もするのかぁ」そして、備え付けの写真入りパンフレットを見て、「うーん、難しそうだなぁ。すぐには使えないかなぁ。覚えないと」一度は手にしてみたが、後回しになってしまっている。

給料日が近付くと、そのほかにも売上の確認や入金のチェック、仕入れの支払いや経費の精算、資金繰りの調整などもあり忙しくなる。給与計算の内容は毎月そんなに変わるものではないのに、手書きだからどうしても半日~1日は時間を取られる。税率が変わったり、社会保険料率が変更になったりすると、それを調べて計算してと、手間がかかるし、今までに変更をせずにそのまま計算して、 社員からクレームをもらったことなどもある。

こんなことから税理士に給与計算を委託したが、年間にすると結構な費用がかかってしまい、どうももったいない。

フリーのソフトをダウンロードして使ってみたが、一応は使えるが、保障が無い。税率改正や保険料率の変更などがあったら対応できなくなる可能性が高いから、やはり、無料だから良いというものでもない。

そんなに多機能でなくてもいいから、シンプルで、すぐに使えて、簡単で税率改正などに対応出来る、リーズナブルなソフトが欲しい!

 

Q3.
お客さんは、何を悩み、何を不安に思い、何を不便だと感じるのか?
………………………………………………………………………………………
A3
1.手書きのため時間がかかり毎月作業が面倒だと感じている
2.難しそうで使いこなせるのか不安
3.購入した後のランニングコストでお金がかかる。
4.ソフトの価格が高額
5.税理士に委託しても結構な費用がかかる
6.社業もあり、少しでも計算業務を楽に正確にしたい
7.税率や保険料率の改定の際の計算が大変
8.手書きは、記入ミスした場合は書き直しが大変
9・手書きの明細を従業員に渡すのが、少し後ろめたい。
10.給与台帳などの管理資料も作るのが大変。
11.ネットで購入するのは、信用できるのかな?

Q4.
この商品は、お客さんの悩みを解消出来るのか?どうして?
………………………………………………………………………………………
A4
▼1.6.に対して
一度ソフトに入力してしまえば、名前や手当・控除などの項目、社名など のマスタ情報は自動的に表示され、かつ、毎月の給与計算処理では、前月の入力情報を呼び出して修正出来る機能を搭載しているので、大幅な時間の短縮になる。

実験データで10名分の給与計算業務を日本法令の諸給与支払内訳明細書の用紙を使用して、行った結果、1名分の計算に約5分、計算が完了し給与明 細を仕分けるまでに約1時間所要した。

これに対して当ソフトで導入準備をして同じ内容を入力した結果、1名分の計算は約1分。給与明細を出力するまでに約20分所要した。単純に3分の1の時間であるが、次月になると手書きの場合の時間短縮は 見込めないが、当ソフトでは「前月データ呼出機能」の使用で1名分の計
算は30秒で終わる。給与明細を出力するまで、15分かからなかった。

▼2.に対して
ビデオを公開していることによって、難しいと感じる不安感は殆ど無くなるはず。実際に、操作に関してのメールでの問い合わせは限りなくゼロに近い。

▼3.に対して
無期限無償メールサポート・A4コピー用紙・長3封筒など、通常会社にある資産で使用出来る。

▼4.に対して
9980円という低価格(ちなみに、現在市販されているソフトで年末調整機能まで搭載しているもので一番安いのは15,000円くらいで、弥生給与などは実勢価格でも60,000円位する)

▼5.に対して
税理士に委託する理由は、正確さへの安心と作業時間の圧縮。
正確さという観点では当ソフトウェアを使えば計算を間違えることはないし、税率などの改定も簡単。

作業時間に関しては1.で言った通りであり、税理士に委託する場合でも渡す資料を整えるのは、ユーザの作業になる。

即ち、当ソフトを利用した方が費用対効果があるはずである。

▼7.に対して
税率・社会保険料率・雇用保険料率などの改定の際は、改定手順と操作説明が別途サポートより配信されるので忘れることはない。また、変更の仕方も簡単な操作でできる。今まで、この件での問い合わせはゼロという実績がある。

▼8.に対して
パソコンを使用しても入力ミスはある。
だが、入力ミスした部分だけを修正して、再計算のボタンをクリックするだけで全ての関連計算を書き変えてくれるので、手書きの修正とは、比較にならないくらい修正は楽になる。ソフトウェア(IT)を使う利点。

▼9.に対して
給料明細書は、プリンタで出力された活字のものになる。 従業員の満足度や信頼度も向上するはずである。

▼10.にたいして
給与台帳などの管理資料は、毎月の給与計算処理を行っていくだけで自動的に作成され、いつでもプリントアウトすることが可能。

▼11.に対して
当ソフトは2,500社以上の会社がネットで購入している実績がある。また、FIRSTITPROは経済産業省推進資格であるITコーディネータの届出組織として公に認知されている(ITC協会WEBサイト参照)さらに、当ソフトのユーザからもメッセージを頂いている(お客様の声)
WEB上でも信用情報を公開(電話番号、プライバシー保護、特定商取引法準拠等)専門家の第三者推薦

 

Q5.
商品やサービスの特徴を明確に表現する(2つ~3つでまとめる)
………………………………………………………………………………………
A5
月々の給与計算から年末の年末調整まで、わかりやすく簡単に使える。給与計算に必要な機能を源泉して絞り込み、メニューからも1ボタン:1機能という作りに徹しているため、リクエストした操作の画面がすぐに立ち上がり、操作に迷いを感じない。初心者でも直感的に理解できる。9980円というコストパフォーマンス。このPriceを実現するためには資本力で大量生産・大量販売をするか、一般に流通・市販せず必要とする方だけにローカルに販売するしかない。このソフトは後者であるが、小さな会社や個人商店の間で口コミだけで広がり約2,500社以上が購入した実績を持つ給与計算ソフトである。

年間保守(サポート)料は無料。サポート用のスタッフやオペレータなどは雇用せず対応することで無期限無料のメールサポートを実現している。メールオンリーであるが、回答のレスポンスは、これまでの実績で最長48時間以内に全て回答している。

(ここまで)↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

実際には、この回答をベースにマーケティングをどの様に展開していけば 良いかを考えていきます。

現在の、あなたを取り巻く状況・環境、スキルなど、俗に言う「人・物・ 金」や身の丈を考慮しながら、マーケティング方法を決定していくのですが、FIRSTITPROの場合は、WEBサイトやブログ・メルマガ・SNS・PPC広告などのフルマーケティングを展開しています。

5つの質問に対する回答は、あなたの商品の強みや・ターゲティング・ポジショニングなど、様々なことを明確にしてくれる質問なんです。

是非、真剣に答えてみてください。いままで見えなかったものや、置き去りにしてきたものまで、見つかるかも知れないですよ。

実際に行動するのはあなたです。

FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ