経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

ホームページで成功を納めるためには

最近は、わたしの職業柄、”根掘り葉掘り” 聞いてやろうと擦り寄ってくる、クライアント企業の従業員さんが多くなりました。(笑)

思い当たる節のある方、別に悪いといっているわけではないので誤解の無いように。(クライアントさんも読んでいるので、気を使います(笑))これも、時代の流れなんですね。不況の現れでもあるし、ネット社会が浸透してた結果でもあります。

でも、現実としてネットで商品を販売すると、思っていた以上に売れる。

FIRSTITPROで販売しているのは「給与計算ソフト」だけですが、ネット販売のみで毎日2本~5本は確実に売れます。

WEBサイトを立ち上げる前は、ヤフーオークションで販売してましたがその頃は3日で0~2本くらいの売れ方でした。

オークションで販売していたときは、なんのマーケティングもせず、 「売れたら売れた、売れなければそれでもOK」という感覚だったんですが 、毎年、年末調整などのバージョンアップをしている内にユーザさんから色々とメッセージを頂くようになり、1年前からWEBサイトで販売を開始して、今日に至ります。

これだけで、約100万円前後の利益が出来るワケです。FIRSTITPRO自体も、ソフト販売は副業のようなものだったのですが、今では安定した売上を上げる1つのビジネスコンテンツになりました。

ですが・・・

本気で、ネット販売で売上を上げようとすると、何をどうやって、どういう順序で仕掛けていけば良いのか分からないんです。

1年前の、わたしのところがそうでしたから。まず、悩むのが、「WEBサイトの作り方」わたしの場合は、IT業界なので技術的には、問題無かったのですが、こんなことに悩みましたね。

・どういう構成(コンテンツ)が良いのか?
・売れやすいレイアウトはあるのか?
・キャッチコピーはどうすれば良いか?
・色の使い方
・言葉の書き方
・購入までの誘導方法
・それに必要なシステム

これを試行錯誤を繰り返しながら、練り上げて言って一昨年(2008年)の11月にリニューアルしたんです。結果、11月の売上本数は2本。オークションより売れません(笑)ここで、わたし、本気になりました。商売人魂とITコーディネータのプライドに火がついたんです。

12月の売上は19本。

年が開けて2009年。

1月の売上本数は17本。
2月の売上本数は13本。
3月の売上本数は17本。

すでに、5ヶ月目を迎えようとしていたのですが、ここから爆発します。

4月の売上本数は35本。
5月の売上本数は56本。



12月の売上本数は133本。

そして、現在に至ります。これから、まだ販売は伸びるはずです。

俗に言う「ネットビジネス」で利益を出そう、売上を上げようとWEBサイトを公開して起動に乗ってくるまで、実に半年以上の歳月がかかりました。一応、わたしのところは、経済産業省推進資格であるITコーディネータの組織ですよ。

そのプロが、取り組んで半年以上かかったんです。

「なんの苦労も無く、XX日でXXX万円儲ける方法」

「毎日、毎日XX万円が口座に振り込まれる、驚愕のテクニック」

などなど、甘い言葉やキャッチが溢れかえっていますが現実はそんなに甘くない。

「お金を掛けずに、売上を上げる方法」

こんなのも、よくありますが、『お金・労力・時間』は、必ず掛かります。

「お金を掛けずに、売上を上げる方法」というのは、時間と労力で補うということに他ならないんですよ。

そして、もう一つ、結果を導き出すには、【絶対的】に必要なものがあります。

それは、『知恵と経験』。

これを1から身に付けようとすると、トライ&エラーを繰り返してネットで売れるようになるまで1年以上はかかるでしょう。わたしの場合は、これを、その筋の専門家から学びました。モチロン、お金を払ってですよ。

わたしが、2008年12月からの約半年間に、行ったこと。これが、ネット販売をする上では、必ず必要になるステップです。

そのステップは、多岐に渡ります。ですから、ここで文章でお伝え出来る様なものではないのです。実際に、事を進めながら、売る商材によっても違ってくるし、売り手のレベルによっても、その段階で出来ることや、しなければならないことが異なってくるんです。タイミングも重要になってきます。

ネットという表面の世界だけでなく、水面下の事務作業や仕入、在庫の問題、物流、決済の問題などなど様々な取り組みも必要です。わたしも、この手の書籍や情報は、片っ端から読み漁り、吸収しましたが書籍から得られるノウハウは参考にはなっても、結果に繋がらないんです。知識を吸収して、それを応用して自分のやり方に転換出来ないと結果はでません。だから、専門家にお金を支払って、一緒に進めました。

自分もIT経営のコンサルティングで飯をくっていますので、これが一番確実で近道であると、知っているんです。

そして、あらゆる手を打ち、現在の状況を手にいれたんです。更に、今も現在進行形で、次の手を打っています。この辺は、通常のビジネスと同じですね。 この段階まできて、リアルビジネスと異なるというか、ネットビジネスの特徴というのは、【環境の変化が急速】ということだと思います。

1年前には、想像しなかったツイッターの出現や低迷気味であったmixiの浮上(アプリが要因)、検索エンジンの変化などなど、ネットの世界は1年間で急速に変化していきます。自分のネットビジネスが、これらの変化に対応するべきか、そうでないか。常に継続し、成長して行くために、今、何をすれば良いかという対策に迫られる頻度が高いということです。

ですから、ネットビジネスを真剣に考え、成功を目指すならば、実戦のノウハウを持っている専門家の門を叩き、進んで行くのが最善の選択でしょう。あなたの周りに、信頼出来る専門家がいなければ、川端にご連絡下さい。

たぶん、あなたの一番近くにいる専門家は、わたしだと思います。

FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ