経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

あなたに、好意をもってもらう魔法

今回は、表題の通り、コミュニケーションの話題です。「あなたに、好意をもってもらう方法」です(笑)

みなさん、ビジネス上のキーマンや気になっている意中の人、友人などから「好かれたい」って思いますよね。

今日は少し生き抜きまじりの話なのですが、わたしが、人生45年以上生きてき中で、ほぼ100%の効果を上げる技をご紹介します。

この方法を習慣として身につけると、素晴らしい対人関係が知らず知らずに築けます。実際、わたしの対人関係は、これで作ってきました。

まずは、あなたに質問。

「人に好意を持ってもらい、その人との関係を深いものにしたいとき、あなたはどうしますか?」

さぁ~て、う~んどうしようかなぁ、頭で色々と考えてますね。

では、人生45年以上かけて得た方法をお伝えします。

まず、いわゆる初対面、ファーストコンタクトに関しては絶対に嫌われないようにすることが大切なんです。好意までもってもらわなくてもいいですから。これが最初のステップ。そして、本題のメインステップ。これが【重要】です。

「こまめに会う」

これだけ。

「なんだよ!それぇ~。」

期待外れかも知れませんが、とにかく顔を合わせることです。長い時間でなくていい、挨拶だけでもいいです。出来る限り会う回数を増やしてみて下さい。あなたも経験あるでしょう?通勤電車で必ず同じ時間に同じ電車に乗っている人が2日続けていなくて 「どうしたんだろう」と心配したこと。毎日、会社帰りに寄るコンビニのレジに必ずいる店員さんと知らず知らずに会話してたこと。

これらは、特に意識していなくても、知らず知らずにその人に興味を持ってしまっているからです。

これを、あなたが意識を持って同じ状況を作ったらどうでしょう。嫌われていなければ、間違いなくあなたの思いは通じます。

実は、これは後から知ったのですが「単純接触効果」と言って心理学の世界では、その効果が立証されています。

例えば月に一度、1日フルに8時間会うよりも、月に8日、1時間づつ会うひとの方が好感度が高い。

どうです?

・どうしても話を聞いてもらいたいお客さん

・片思いの人と仲良くなりたい

・チームワークをもっとよくしたい

などなど、この方法を実践できる機会はたくさんありますね。意識して、習慣にすることで、あなたの対人関係は飛躍的に良くなるはずです。

ただし。。。。

いくら頻繁に会った方がいいといってもストーカーにならないように・・逆効果になります。 (笑)

FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ