経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

ネットビジネスで売るための王道の8ステップ

今回は、IT戦略で欠かすことのできない「ネットビジネス」について、書いてみようと思います。今回は基本中の基本の話。

既に、ビジネスに繋げている読者の方には、知っている情報かも知れませんが再確認の意味で読み進めて頂ければ、もしかしたら置き去りにしてきてしまった、何かに気付くことが出来るかも知れません。

まず、質問です。

「あなたの会社はWEBサイト(ホームページやブログ)を持っていますか?」

持っていると、答えた方が多いはずです。

なぜかというと、このメルマガを読まれている方は、多分、ITと経営に 少なからず興味があり、これをうまく利用して、利益を得たいと思っている方がほとんどだからですね。

持っていないと、答えた方は、多分、【持ちたいのですが、何らかの理由があり、現在は持っていない】ということだと思います。予算が無いとか、運用管理出来る人材がいないとか、どうすれ ば良いか分からないとか・・・

ホームページとかブログとか言いますが、総括して、ここでは「WEBサイト」という言い方をしていきます。 WEBサイトを持っている方も、そうでない方も、現在位置は違いますが、目指す所は同じ方向だと思いますので、まずは根本を見つめましょう。

まず、WEBサイトをビジネスとして成立たせるためには、認識を新たにしなければなりません。どういうことかというと。

ビジネスですから収益を上げないといけないということです。 当たり前のことですよね。 ですが、これが出来ていない会社が非常に多いのです。 ここで、収益を上げられないWEBサイトの代表的なパターンをご紹介しておきます。

1.かっこいいデザイン画像などで構成されたトップページ

2.会社案内ページ

3.事業案内ページ

4.商品情報ページ

5.採用情報ページ

6.お問い合わせページ

7.プライバシーポリシー

こんな感じのWEBサイトだとしたら、これは儲からないサイトの典型です。ビジネスにするということは、ネットを利用している、向う側にいる顧客をリアルに想像しなくてはいけません。ネットで商品やサービスを購入する顧客は、インターネットの検索や広告から自分の求めるキーワードで検索するか、ピンと来たキーワードに反応して、あなたのWEBサイトにやってくる。

トップページに来た時、かっこいい画像で綺麗なのは良いですが、顧客が求める商品やサービスの情報が無いということは、その場で、しばらく顧客は目的を満足させるために、「探す」という行為をします。 この探すという行為ですが、顧客は、どのくらいの時間、探してくれると思いますか?

一般的に言われているのは「3秒」

これ以上の時間を掛けて目的の商品やサービスが見つからなかった場合は、残念ですが、別のライバルサイトに行ってしまいます。特に、インターネットがかなり普及した現在では、トップページに顧客の目的を満足させるコンテンツが無いと、「3秒」と言わず【一瞬】で去ってしまう傾向が強いのです。

ですから、まずは、この「3秒」いや「1秒」を制することがネットビジネスへの一歩といっても過言ではありません。

「1秒を制するためには」どうすれば良いと思いますか?

「売りたい商品を、トップページにドン!と載せて、すぐに買えるようにすればいいんじゃないの?」と思いますよね。ある意味、物販ではこれで正解なんですが、これだけでは購入するまでには至らないんです。

物販ではと言いましたが、サービス業では、いきなり「xxxサービス」といって「特別価格 ○○○○円!」とやっても、売れないんです。無形のものをネット販売する場合は、もう少し違うアプローチが必要になります。

現在、様々な情報がネットでも書籍でも出回っておりますが、WEBサイトを利用してビジネスを行う場合の、王道の考え方はリアルな店舗販売と変わりません。継続的に売るためのステップというのがあるんです。 いいですか、ただ一瞬、その場限りで売るのではなく、【継続的に売る】ため の「王道の8ステップ」です。

今回は、それをお伝えしますね。

【ステップ1】顧客が何を欲しているのか明確にする

【ステップ2】競合(ライバル)の状況を調べる

【ステップ3】顧客の要求を満足させる商品やサービスを用意する

【ステップ4】顧客に自社の商品やサービスを知ってもらう

【ステップ5】顧客に会社(またはあなた)を信用してもらう

【ステップ6】顧客に実際に商品やサービスを購入してもらう

【ステップ7】商品やサービスを使った顧客に満足してもらう

【ステップ8】アフターケアをして顧客との関係を維持する

いかがですか、これが「王道の8ステップ」。 マーケティングを考える上では、基本的なステップですが、知ってはいても、いざ実践ということになると、みなさん、なかなか実行できないものです。 あらためて、ステップを見てもらうと、「顧客」という言葉が主になっている
のに気付くと思います。

先にご紹介した、「儲からないサイト」は、自分のことが主なんですね。だから、当然売れないサイトになってしまうんです。

さて、王道の8ステップを考えることで、何を、どこで、いつ、誰が、誰に、なぜ、どんなふうにビジネスしていけば良いのかが浮き彫りになってくるはずです。 これは、ネットビジネスに限らず、リアルな店舗ビジネスでも同じことなので、まずは、「ネット」ということは、頭の片隅に追いやって、このステップを考え、行動に移せるように計画してみてください。

WEBサイトに展開するのは、この後のフェーズということになります。

あとがき 

今回は、ネットビジネスという切り口から、マーケティングの根本的な アプローチのステップをお伝えしました。ネットというのはバーチャルな世界ですが、リアルなビジネスと変わりないのです。根本が変わらないのですから、まずは、この根の部分をしっかりしなければはじまらないということを言いたかったのですが、伝わったでしょうか?

この「王道の8ステップ」は、まさに、わたしがコンサルティングの中でクライアントさんと共に進めていく基本ステップなんです。 1ステップごとに様々なノウハウとがあるのですが、それは、追ってご紹介していこうと思います。


FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ