経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

ITとリアル店舗を融合すると、爆発する事例

今回は、わたしのクライアントの、とある会社のお話をご紹介します。

この会社の社長はIT好きで、ご自分の商品をネット販売して儲からないかと、パワフルに思考されていました。

現在、ネットの世界は、WEBマーケティング(オンラインマーケティング)と言い、本屋に行けば、この手のマーケティング本やノウハウ本は結構あります。 ネットの可能性をビジネスドリームと称してレバッジを効かせて情報発信しているんです。

「1憶稼ぐ」とか
「3か月でうん千万」とか
「ほったらかしで儲かる」とか、まあ、賑やかです。

確かに、ネットの世界は、CtoCマーケティングを安易に可能にしてしまうので、ノウハウがあれば一定の利益を個人のレベルでも得ることは可能です。 一日中パソコンの前に座っていれば、通帳にお金がザクザクと入金されてくる。 こんな状況に、みなさん憧れて手を出しますが、思い通りにならずに撤退されいかれた方を、何人も見てきました。

この社長さんも、こんなイメージをもった一人だったんですが、この社長、なんの商売をされていると思います?

とある地域のスーパーマーケットのオーナーさんなんです。

スーパーマーケットでは生鮮品などの腐る商品を置いてますから、売れ残れば商品ロスになって廃棄処分されることになるんですが、このロスというのは、裏を返せば、利益なんです。ですから、この社長は、ネット販売もすることで、この商品ロスを減らして利益に転換したいと考えていたんですね。

実は現在、このスーパーは大きく収益を伸ばしています。

なにをやったのか?

社長の了解も取ってありますので、特別に公開しますね。店舗を経営している方にはヒントになると思います。

▼店舗の商品に、POPカードを付けた

キャベツ・さんま・豚バラなどの生鮮品にもカードを付けました。このカードに記載されている内容は、商品写真・献立・QRコードなど

▼ネットショップを構築した

このショップは、SEO対策など無関係の注文を処理する地域限定のお客さん専用のサイトです。
POPカードのQRコードで携帯からアクセスできる。

▼携帯メール会員を募りました
新聞広告にも、レシートにも、あらゆる所で、ネットと結び付ける対策を練り、メール会員を増やしました。

▼携帯から注文が入ると配達する仕組みを作った

ここまで、繋げてくる仕組みは、会社の資産情報となりますので、お伝えできません。

コンサルティングを始めて、約1年の間の取り組みですが、現在、売上は倍増といっても良いくらい伸びてます。ロスの削減どころの話では無くなってます。もちろん、これを現実にするために多くの思考錯誤とシミュレーションを繰り返し、ノウハウを積み重ねて現在があるということは付け加えておきます。

ですが、現実として、ITとリアル店舗をうまく融合することが出来ると、爆発的に効果を得ることが出来る一例ですね。

この例で感じて欲しいのは、大きく2点

1点目

ネットで全国に商品を販売してロスを減らすというマクロ思考ではなく、地域限定のお客様専用という、ミクロの世界にネットをツールとして用いたとうこと。

2点目

こんな誰もがインターネットと言っている時代や、環境の流れだから、置き去りにされている物(POPという紙媒体と御用聞き)に目を開いた
ということです。

あなたが、ネットを使って商品やサービスを販売しようと思ったとき、頭の済で置き去りにしてしまうものがあるんです。

「見過ごされる宝箱」

視点を変えればその宝箱が見えてきます。

オンラインだけで販売している会社は、紙を使ってお客とコミュニケーションしてみましょう。WEBサイトにFAX注文書を備え付けてみましょう。 実際、良く考えてみれば(視点を変えてみれば)、メルマガ・メールDMにちゃんと反応する人は意外に限られているんです。

オンライン注文でパソコンに入力して注文するのが苦手な人もたくさんいます。

と、言うことは・・・・

オンライン媒体だけでは、本来稼げる金額は稼げていないということです。 逆に言えばオフラインで稼げる部分の売上を放棄しているということですね。 皆がネットに集中している今、誰もが見えなくなっている盲点にフォーカスすると大きなビジネスチャンスが見えることもあります。

あとがき 

今回、ご紹介した、店舗とネットの融合の例ですが、実はわたしが、今年の3月~4月に、モデル店舗と称して、アートフラワーの店舗を経営した時に実際に、試したノウハウの応用なんです。

販売する商品や取り巻く環境は異なりますが、一つの結果を持ったノウハウというのは、応用することで同じように結果が出せるということに自信と確信が持てました。

これからも、多くの方に、伝えていこうと思います。

FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ