ソフトウェアのご購入

q 介護保険の対象になる介護保険第2号被保険者とはどんな人?

a

40歳以上65歳未満の方のことです。

標準報酬月額表を見ると「介護保険第2号被保険者」と「介護保険第2号被保険者以外の被保険者」に区分され、同じ標準報酬月額でも保険料の金額が異なっていると思います。

介護保険第2号被保険者の保険料は健康保険料に介護保険料が上乗せされることが理由です。

この介護保険料が上乗せされた金額を給与から控除することになりますので、「介護保険第2号被保険者」の保険料の方が高くなります。つまり、介護保険第2号被保険者に該当するか否かによって、保険料の金額が変わってくるということです。

(給与計算ソフトでは、「従業員情報登録」で介護保険「あり」に設定すると給与計算処理時に自動計算するようになっています)

40歳になっていたにもかかわらず介護保険料を控除していなかったり、反対に65歳になっていたにもかかわらず介護保険料を控除していたるすると、後から清算するなどの手間が生じますし、本人にも迷惑がかかりますので注意が必要です。

具体的には、40歳に達した月から65歳に達した月の前月までの分については、介護保険第2号被保険者としての保険料を給与から控除することになります。


FIRSTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ