ソフトウェアのご購入

q 非課税の手当になるものはなんでしょうか?

a

非課税扱いとなるもので皆さん知っているのは、「 一定の基準に当てはまる通勤手当」【非課税通勤手当】ですが、これ以外にも金品を支給する手当としては、出張手当、学資手当て、慶弔費、永年記念品等などがあります。 福利厚生の一環として物品やサービスを支給するものとしては、夜食、スポーツジム、観劇、保険料などがあります。
※但し、どの手当も全額無条件に非課税になるものではなく、各種条件を満たした場合にのみ非課税扱い可能となります。詳しくは管轄の税務署にご確認ください。

【通勤手当の非課税枠】
非課税通勤手当に関しては以下のように非課税の枠が設定されていますので注意が必要です。

区分 課税されない金額
交通機関または有料道を利用する人 1ヶ月当たりの合理的な運賃等の額
(最高限度100,000円)
自転車や自動車などで通勤する人 通勤距離が片道45㎞以上 24,500円 (運賃相当額が24,500円を超える場合にはその額最高限度100,000円)
通勤距離が片道35km以上45㎞未満 20,900円 (運賃相当額が20,900円を超える場合にはその額 最高限度100,000円)
通勤距離が片道25km以上35km未満 16,100円 (運賃相当額が16,100円を超える場合にはその額 最高限度100,000円)
通勤距離が片道15km以上25㎞未満 11,300円 (運賃相当額が11,300円を超える場合にはその額 最高限度100,000円)
通勤距離が片道10km以上15km未満 6,500円
通勤距離が片道2km以上10km未満 4,100円
通勤距離が片道2km未満 全額課税
交通機関を使う人への通勤用定期乗車券 100,000円まで
交通機関と自動車などを両方利用する人 100,000円まで

※3ヶ月や6ヶ月定期券を支給する場合は、1ヶ月当たりに換算して100,000円までの支給が非課税扱いとなります。
※報酬ではない”営業交通費の精算金額”等は、含めないよう注意してください。

 


FIRSTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ