ソフトウェアのご購入

無料オンラインストレージ(Microsoft SkyDrive)で共有する方法

SkyDrive

Windows Live SkyDrive は、無料で使える大容量オンライン ストレージです。写真やドキュメントをオンラインで保存し、相手を選んで共有し、Web ブラウザー、スマートフォン(Windows Phone iPhone)、デスクトップアプリからアクセスすることができます。
*スマートフォンアプリからは 100MB まで、デスクトップアプリでは 2GB まで

同じように無料で使えるオンラインストレージはDropboxなど様々なものがありますが、FIRSTITPROのソフトウェアはWindows EXCELで作成されていることもあり、相性も良く信頼性も高いMicrosoftのWindows Live SkyDriveを使用してソフトウェアを共有する方法をご紹介します。

1.Windows Live SkyDrive をセットアップする

 ※SkyDriveのセットアップは、共有する2台のパソコンでそれぞれ行ってください

■1.Windows Liveにサインインする http://www.skydrive.live.com

 Windows liveに登録していない場合は、[新規登録]ボタンからアカウントを登録後、サインインしてください。

 サインインすると以下の画面に遷移します。
 SkyDriveを使用するには、この画面の上部にある「SkyDrive」をクリックします。

スカイドライブ 

■2.SkyDrive画面からSkyDriveアプリを入手する

 以下の赤枠の部分のいづれかをクリックしてください。アプリのダウンロードページが表示されます。

 自分のパソコンにSkyDriveアプリをインストールしますので、「SkyDrive for Windows」の[アプリを入手]ボタンをクリックします。

ダウンロードページ

 ダウンロード画面に遷移しますので、[ダウンロード]ボタンをクリックしてダウンロードしてください。

アプリの入手 

以下のメッセージがブラウザ(IEの場合)に表示されますので、[実行]ボタンをクリックして、セットアップを開始します。

ダウンロード実行

■3.SkyDriveアプリのセットアップ

以下の画面が表示されSkyDriveのセットアップが開始されます。

セットアップ開始

 しばらくすると「ようこそ」画面に切り替わりますので、[使ってみる]ボタンをクリック。

ようこそ画面

 再び、Windows Liveへのサインイン画面が表示されますので、IDとパスワードを入力して[サインイン]します。

サインイン

 サインインすると、あなたのパソコンの中に作成されたSkyDriveフォルダーの場所が表示されます。このフォルダはエクスプローラで参照することができ、通常のフォルダと同じように扱えます。このフォルダがインターネット上にあるSkyDriveのサーバーと自動的に同期をとってくれることになります。特に変更する必要はありませんので[次へ]をクリック。

同期フォルダ指定

ファイルの共有設定を行うウインドウが表示されます。[このPCにあるファイルに別のデバイスからアクセスする]にチェックが入っていることを確認して[完了]をクリックしてください。

ファイルアクセス設定

セットアップが完了すると、スタートバーにメッセージが表示され、SkyDriveアプリのアイコンが常駐します。

セットアップ完了

 エクスプローラで確認すると、SkyDriveフォルダーが確認できます。これでセットアップは完了です。

フォルダの確認

2.【1台目パソコン】 SkyDriveフォルダに給与計算DX(タイムカード計算)をセットアップする

ソフトのセットアップは、メインとなる1台のパソコンで行います。
2台目のパソコンでは、SkyDriveフォルダにセットアップされたモジュールのショートカットを作り、共有することになります(セットアップはしません)

※ここで、一つ条件があります。それは、2台のパソコンのEXCELのバージョンが同じであること。

給与計算DXのセットアップ

セットアップするモジュールのボタンをクリックすると「ようこそ画面」が表示されますので[次へ]をクリック。

給与計算DXセットアップ2

ライセンス契約画面では[はい]をクリック

給与計算DXセットアップ3

インストール先フォルダの選択画面になりますので、ここでSkyDriveフォルダを指定してインストールします。
初期表示されるインストール先フォルダは、「C:\FIRSTITPRO\PayCalcDX」。

給与計算DXセットアップ4

このインストール先フォルダにSkyDriveフォルダを指定しますので、以下の様に変更して[次へ]をクリック。
「C:\Users\Qwner\SkyDrive\ドキュメント\PayCalcDX」(赤字の部分は自分で入力します)

給与計算DXセットアップ6

スタートメニューへの登録画面ではそのまま[次へ]をクリック。

給与計算DXセットアップ7

確認画面が表示されますので、インストール先を再度確認して[インストール]をクリックしてください。
セットアップが完了します。

給与計算DXセットアップ8

セットアップ完了後、エクスプローラで見ると、以下の様にSkyDriveフォルダの中に「PayCalcDX」フォルダが作成されます。この時点で既にインターネットを介して同期が行われています。

給与計算DXセットアップ9

3.【2台目パソコン】 給与計算DX(タイムカード計算)をセットアップする

セットアップする前に「1.Windows Live SkyDrive をセットアップする」を参照して、2台目のパソコンにもSkyDriveアプリを導入して SkyDriveフォルダを作成してください。2台目のパソコンでは、SkyDriveフォルダにセットアップされたモジュールのショートカットを作り、共有する ことになります(セットアップはしません)

給与計算DX ショートカットの作成

 エクスプローラで給与計算DXがインストールされたSkyDriveフォルダ(1台目のパソコンでインストールされたものが同期されている)を開きます。

2台目セットアップ1

PayCalcDXフォルダの中にある「PayCalcDX.exe」を右クリックして表示されたショートメニューから [送る(N)]-[ディスクトップ(ショートカットを作成)]をクリック。

2台目セットアップ2

ディスクトップにショートカットが出来るので、名前を「給与計算DX for EXCEL」に変更してください。

ショートカット1ショートカット2

これで2台目のパソコンでも、このショートカットアイコンをクリックすることでSkyDriveフォルダにある給与計算DXが起動することになります。

※これで 2 台の PC で同じ給与計算ソフトを共有して使うことが出来るようになりますが、給与計算ソフトには個人情報や賃金情報などの重要な情報が書き込まれていますので、バックアップとセキュリティ管理はお客様の責任でしっかりと行ってください。


FIRSTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ