ソフトウェアのご購入
← 実務解説トップへ

雇用保険料を控除する

実務の解説

給与計算実務の解説
従業員の給与や賞与から雇用保険料を控除します。
控除した雇用保険料は事業所で預かり、労働保険の年度更新時(平成 21 年度からは、6 月 1 日から 7 月 10 日までの間)に一括して納付します。

▼会社、その他の法人の役員
 原則、雇用保険の被保険者にならないため、雇用保険料は控除しません。

▼4 月 1 日現在で 64 歳以上の従業員
 雇用保険料が免除されます。ただし、雇用保険の被保険者とみなされます。

▼アルバイトやパートタイマー
 労働状況により被保険者になる場合があります。

戻る

▲このページの先頭へ