給与計算のしごと

社会保険料って毎年上がっていくものなの?

column毎年、7月に定時決定で新しい標準報酬月額が決定されますが、この新しい標準報酬月額で社会保険料を控除するのは9月分の保険料からになります。 実は、平成29年まで毎年、保険料率が変更になることは平成16年の法律改正で決まっているんです。

 

 

 

平成29年9月に18.3%で固定されるまで毎年9月に0.354%づつ段階的に引き上げ

平成16年の法律改正により厚生年金保険料率は、将来の保険料水準を固定したうえで、給付水準を調整するしくみ「保険料水準固定方式」が導入され、平成29年9月に18.3%で固定されるまで毎年9月に0.354%づつ段階的に引き上げられます。

適用期間 厚生年金保険料率
一般 船員・坑内員
平成25年9月分から平成26年8月分まで 17.120% 17.440%
平成26年9月分から平成27年8月分まで 17.474% 17.688%
平成27年9月分から平成28年8月分まで 17.828% 17.936%
平成28年9月分から平成29年8月分まで 18.182% 18.184%
平成29年9月分以降 18.300%

何月の給与から控除するのかについてはコラム記事「第50号 定時決定した社会保険料は、いつの給与計算から控除?」を参照

 

FIRTITPRO

戻る

▲このページの先頭へ